起業時の運転資金について!資金調達や資金作りのアドバイス

お金と葉

昔と違って、現代では起業そのものにはそれほどお金はかかりません。株式会社であっても少ない資本金で始めることができますし、もし法人の登記などを自分で行えば、たった数万円程度で書類上は会社をつくることができます。

とはいえ、法人を設立してそれで終わりというわけではありませんし、コストのかからない業態を選んだとしてもやはり初期の運転資金は必要です。よほど恵まれたスタートを切らない限り、開業からしばらくはそれほど顧客もつかず収益もないでしょう。初期資金が少なすぎては心に余裕も生まれず、開業直後の時期を乗り切れません。そのため、たとえ初期投資の少ないスモールビジネスであっても、やはりある程度の資金を確保しておくということが必要になってきます。

起業前の仕事で蓄えがあればそれを使うのも良いのですが、個人と法人では規模が違いますし、外部から調達するという手段も重要です。具体的にどのような資金調達の方法があるのか、ということについて見ていきます。

まず最もスタンダードなのが、やはり金融機関からの融資でしょう。銀行やその地域の信用金庫、信用組合などに事業計画とともに申請を出すことによって審査の後に融資が受けられます。ただし、起業したばかりだと信用も少ないですし、事業計画に問題があるとみなされれば融資そのものが駄目になったり、額を減らされたりということもあるでしょう。事業所のある自治体からの融資を受けるという手段もありますが、民間よりもさらに審査が厳しいという点もあるため、注意が必要です。

金融機関からの借り入れが難しい場合には、インターネットを利用してクラウドファンディングを募るというのも有効なやり方となります。クラウドファンディングの長所としては、何と言っても審査などが必要ないということです。反響が大きければ非常に短期間で資金が集まりますし、数万円、数十万円という小規模な金額からでも始められるという柔軟性も大きなメリットだと言えるでしょう。

もちろん資金を募るにあたって、どういった事業なのか、どのような理念があるのかといった説明は必要になってきます。どちらかと言えば株式のような出資ではなく、応援してもらうという側面が大きいクラウドファンディングにおいては、理念も重要ですので多くの人に納得してもらえる文言を考えておきましょう。当然資金の見返りに様々なサービスや商品を提供する必要がありますが、融資のように利子が発生しないことを考えれば、事業計画にとっても大きなプラスです。こういったシステムを賢く使って、運転資金を調達しましょう。