大学生の起業に必要な事とは?

図書室にいる女子大生

起業といえば、豊富な資金を持ち長い社会経験を持った大人がするもの、というイメージもありますが、現代では必ずしもそうではありません。高校生や大学生の起業家というのも、珍しくなくなってきています。若者ならではの新鮮なアイデアで事業を立ち上げるという強みもありますが、注意点もあるため大学生が起業するのにどういったことが必要なのか、具体的に見ていきましょう。

まず最もネックになるのが、資金面です。会社員を何年か勤めた社会人であれば自分自身の蓄えもあるでしょうし、融資を受けるのも比較的容易でしょう。しかし大学生は収入も乏しく、簡単に借り入れをすることもできません。IT系やアプリ開発などあまり初期投資がいらない方面であっても、やはりある程度の運転資金は必要ですから、まずこのハードルをクリアする必要があります。同じような事業計画を提出しても、経営者が若すぎると出資者が慎重になりがちですので、なるべくコストのかからないライトな企画から始めるというのがおすすめです。

さらに事業を軌道に乗せるために役立ってくれる人脈も少ないため、この点には注意が必要になります。社会経験が少なく、基本的なビジネスマナーなどが身についていないということも挙げられるでしょう。経営者としてそれほど重要ではないようにも思えますが、起業してしばらくは殆ど自分自身で全てを行わなければいけないため、意外にブレーキになってしまうケースがあります。特に、営業は経験が少ないとなかなか上手くいかないものですから、しっかりと研究するか、営業だけはプロを雇うなどの対策が必要になるのです。

そして何よりも大切なのは、大学の単位の取得など卒業に向けた計画の立案になります。少なからぬコストをかけて入学した大学ですから、余程の覚悟がなければ退学して即起業というのは避けた方が良いでしょう。不利な点も多く挙げましたが、もちろん有利な部分も存在します。自身が大学生であれば、同じ大学生をアルバイトとして集めることが容易ですし、大学や教授に助力を仰ぐことも可能です。またほとんどの大学生はまだ親の扶養に入っており、生活の心配はあまりないでしょうから余裕を持って様々なアイデアを試すことができるというのも有利な点になります。いずれにせよ、事業のコアとなるアイデアが重要だという点や初期の資金集めがハードルになるということは、普通の起業家と変わりありません。どちらかといえば金融機関で融資を頼むより、クラウドファンディングで資金を募った方が応援してくれる人も多く有利でしょう。