副業から起業するメリットとアイデアについて

副業をしている女性

起業というと、それまでの仕事をすっぱりとやめて新しいビジネスに専念するというイメージを持っている方も多いかもしれません。もちろんそういった起業の仕方もあるのですが、現代では二つ目の仕事を持つ人が多いですし、そこから発展させて起業しメインの仕事としていくというやり方もあります。副業から起業するということのメリットや、どのようなアイデアが向いているのかということについて見ていきましょう。

一昔前の会社は終身雇用制がとられていたため、別の仕事をされるよりも自分の業務に専念してもらう方が良いとされていました。しかし現在では雇用も流動化しており、会社そのものも入れ替わりが早いため、必ずしも副業を禁止するところばかりではなくなってきたのです。それよりも解禁して社員のスキルアップを図ったり、副業を通じて人脈を広げてもらうなどのことを期待する会社も増えてきました。

そのため職場に隠してこっそりとする必要はなく、むしろ勤めている会社と協力して副業を行うということも可能です。会社が認めてくれていればこれにエネルギーや時間を融通することもできますし、うまくいって起業し退職した場合にも、元いた会社と良好な関係が築けます。もちろん副業にかまけて会社での仕事をおろそかにしてはいけませんし、社員として獲得した顧客を引き抜いて独立するなどのことは信義則に反しますので、避けたほうが良いでしょう。

サラリーマンの副業として最も手軽でハードルが低いのは、コンサルティング業です。保険や金融、あるいは専門知識を要する特殊な業務に携わっている人はその蓄積された知識を活かしてその分野でのコンサルティングが行えます。独立もしやすいですし、コストもかかりにくい業態なので最もおすすめです。とはいえ、言い換えれば参入の障壁が低く競争が激しいということでもあります。差別化のためには自分だけの強みがどこにあるのか、会社員としての経験や人脈などを活かしてアピールする必要があるでしょう。

本業の仕事をしながら副業をするということは、安定した収入を得ながら色々試せるということでもあります。起業のアイデアを持ちながらも上手くいくかどうかわからないという場合には、まず副業で試してみるというのがおすすめです。うまくいきそうならばそちらで一本立ちすることも可能ですし、失敗しても本業があるので生活に支障をきたすというほどでもありません。

ビジネスに失敗はつきものですので、失敗しないことよりも成功するまでチャレンジできる、という状況を整えるというのが非常に重要です。そのためにいきなり起業するよりも、副業から始めるというのは賢い選択だと言えるでしょう。