会社員の起業は経験をどう活かすかが重要!企業のためのアドバイス

仕事をしている男性

仮に今、会社員として勤めている人が起業を決意したとしましょう。この場合一体どのような業務内容をビジネスの柱にしていけばいいのか、ということについて考えていきます。会社員としての働き方に疑問を感じ一大決心をしたはいいけれど、一口に起業といっても様々な事業の種類や形態があるため、迷ってしまうということが多いでしょう。

ケースバイケースにはなりますが、基本的には自分の会社員としての経験を最大限に活かす、というのがポイントです。例えば学生で社会経験がない人に比べれば、ビジネスマナーなど基本的なことは身についているわけですし、今やっている仕事についての知識も豊富でしょう。またある程度の貯金があれば、借入に頼らずに事業を始めることも可能です。さらに、会社員として同僚あるいは取引先との人脈があれば、そちらを利用することもできます。

もちろん確固たるアイデアがある場合は別ですが、こういった自分にとっての強みを整理し、そこからどのように収益を上げていくかというビジネスモデルを考えていくことが重要です。最も手っ取り早いのは、やはり現在自分が手がけている仕事を独立して請け負うという形になるでしょう。例えば生命保険など、保険商品の企画販売などにずっと携わっている人ならば、保険関係の知識が豊富です。その知識を利用して保険の代理店などを個人で始めるというのが手堅い起業となります。自分の中に知識があるだけではなく、代理店ですから商品開発の必要もないうえ、在庫を抱えるといったリスクもありません。スモールビジネスとして始めるにはこういった知識や技術などを最大に活用する形がおすすめです。

気をつけたいのは、いま自分が携わっている業種と同じ分野で起業した場合、元の会社の人間などと関わる可能性があるという点でしょう。つまり独立する際に会社員時代の顧客を引き抜くなどの行為を行っていれば、後々その業界でも仕事がやりにくくなる恐れがあるということです。信義則に反するような行為は避けて、人脈を大切にするのが長く事業を続けていくポイントとなります。

一方で、全く自分にとって未知の領域に挑戦するということも不可能ではありません。この場合、会社員時代に培った人とのつながりが重要になってきます。ITにせよ金融関係にせよ非常に専門的な知識が必要になりますが、そのぶん誰にでもできるわけではないためコンサルティング業などで収益を上げられる可能性があるのです。会社員時代にこういった専門知識を持つ人としっかりと繋がっておけば、そのスキルを活用させてもらいながら事業を展開するということもできるでしょう。このように、自分が脇役となって起業するというのも選択肢のひとつです。