人脈が無いと起業は成功しない?人脈作りのポイント

交流を深める人たち

ビジネスの世界では非常に重要とされ、大きな財産だと考えられているのが人脈です。起業においても同様であり、人脈が多く広い方が事業にとってプラスだというのは言うまでもありません。もちろんデザイナーやクリエイターなど、自分自身の腕一本で起業する場合には人脈よりもスキルの方が重要ではありますが、やはり人とのつながりが多いに越したことはないでしょう。

しかし、人と知り合って信頼関係を築くというのは、時間がかかるものです。そのため起業した後で慌てて人脈作りに励むよりは、計画的に少しずつ知り合いの輪を広げるといった下準備が必要になります。一般的に人脈作りといえば、異業種交流会などに参加して名刺を交換するというのが定番です。何回も出席していれば手元の名刺は確かに増えていきますが、直接仕事に繋がるような出会いというのはそう簡単にあるわけではありません。

やみくもにこういった交流会に顔を出すだけではなく、どういった人と知り合い、どのような関係を築きたいかというビジョンを明確にしておく方が良いでしょう。長い目で見ればどのような相手でもプラスになることはあり得ますが、短期的に役に立ってくれる相手というのは、自分の欠点を補ってくれる人です。例えば複雑な法律上の問題が出てきそうな事業を計画している場合、弁護士や司法書士など法律の専門家と知り合っていれば簡単なアドバイスや有利な顧問契約を結ぶことができるでしょう。

また、起業したてであれば、異業種よりも同業種の同じ企業家と知り合い、初心者が陥りがちな失敗や注意点について学ぶことができます。その他、将来的に参入したい分野のビジネスマンや、別の分野ではあるけれどビジネスパートナーになり得るような起業家などが人脈として有効です。闇雲に知り合いを増やしても一人ずつとの関係を深めるにはエネルギーが必要ですので、狙いを絞って人脈を作っていくということが重要になります。

起業したての頃は時間もエネルギーも足りないため、漫然とした人脈づくりなどよりも事業の基礎を固めることに専念した方が有利な場合もあるでしょう。一部の交流会は人脈を広げるというよりも、自分の顧客を探すためだけに訪れている人もいるため、こういった相手に時間を浪費しないよう注意が必要です。人脈は大切ですが、事業の中核となるわけではないため、優先順位をつけて自分のビジネスに必要だと思う相手と関係を深めるようにしましょう。